読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せでぃのブログ

ブログ初心者おいどんのどうでもいい愚痴やどうでもいい愚痴やどうでもいいマメ知識などを披露するチラシの裏です。

中規模無線LAN

ブログ更新したいなと思える内容を考えて帰宅するものの、実際にPC立ち上げると、更新するほどのネタじゃなかった気がして、結局、更新しない日が続いております。せでぃです。

固定WEPキーの脆弱性が指摘されて久しいですが、それに代わる無線LANのセキュリティに関しては、正直、敷居が高い割に導入を決める決定打にかける技術ばかりだなぁとつくづく思います。せでぃだけか?

ちょっと調べものしたので、いつもの覚え書きをば披露。

認証技術について

802.1Xについては、未だにどれにしたらいいか、ようわからん。

ただ、ひとつずつ調べるとそれぞれの特徴はボンヤリとわかってくる。せでぃの場合は、上から3つは切り捨てた。
EAP-TLS,TTLS,PEAPTLS(Transport Layer Security)という暗号化方式を使っている。SSLみたいなもんだと思ってる。なので、上2つは認証中の暗号強度の問題で無し。EAP-TLSはクライアントの証明書が必要ってことで、管理負荷の問題で無し。残るは3つ。RADIUS外部のLDAPを使う場合ならEAP-TTLSで決まりな訳だが、使わないってなると正直難しい。EAP-TTLSとEAP-PEAPについては、未だに違いをうまく説明できないな、せでぃは。ただ、やるならこの2つだとも思ってる。
EAP-FASTについては知らんw 教えて欲しいくらいだww

暗号化技術(WPA)について

暗号強度から行けば間違い無くAESなんだろうけど、暗号化・復号化の処理に時間がかかると聞く。それに製品の対応状況を見るに、今ならTKIP一択だと思う。

RADIUSサーバについて

中規模程度の無線LANの場合は、絶対にサプリカントを入れられない機器は出てくる。無線プリンタしかり、無線プロジェクタしかり、LinuxとかUNIXで無線つなげたいとか言うアホだっているに違いない。そう考えると、802.1XとMACアドレス認証を組み合わせて、最低2台のRADIUSサーバが欲しい。

アクセスポイントについて

MACアドレス認証をRADIUSサーバに問い合わせるというのが、結構高級な業務用のアクセスポイントしかできないっぽい。1台のアクセスポイントで、クライアントの状況に合わせて802.1XRADIUSサーバ、MACアドレス認証用のRADIUSサーバ、と問い合わせを自在に使い分けられる(条件付けできる)賢い機器がいい。

アクセスポイントの管理について

CiscoだとWLSEってのがあるらしい。よーわからんが。
CCNPで必須のSDMはルータとファイアウォール専用っぽい。
んでCatalystはまた別なんだろう… おいおい、何とかしてくれよCiscoさん……

その他新技術について

802.11n
高速化の技術。MIMOとか高い帯域を使ってウォーズマン計算方式で高速化されますw
802.11i
WPAのまとめのような感じか。
MIMO
1つの無線クライアントで(アンテナを複数立てて)複数の経路で電波を受信して、安定性と通信速度を改善してる感じ。
エバネセント通信方式
今月のネトマガで知った。何でも鉄骨やら鉄筋やらに微弱な電流を流すことで、遮蔽物があっても電波が減衰しないような空間を作り、均一で安定した通信をもたらすらしい。匠だw 匠の技だww


※嘘を嘘と見抜けない人は(せでぃのブログを使うのは)難しい
…まぁ、間違ってたらごめんね、ってこった

広告を非表示にする