読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せでぃのブログ

ブログ初心者おいどんのどうでもいい愚痴やどうでもいい愚痴やどうでもいいマメ知識などを披露するチラシの裏です。

ビブリ子

こんばんは。おいどんです。積読(つんどく)だけだった本をやっと。

流行に乗るみたいなのが嫌で買うのもためらったし、読むのもためらった1冊ですわ。

 

鎌倉にある古本屋「ビブリア古書堂」を営むきれいな女性、篠川栞子(しのかわしおりこ)とそれに一目惚れした五浦大輔の二人を中心に展開される、古本屋に足を運ぶ人々の人間ドラマ。

 

1~3巻までの感想。

古本を元に警察沙汰にならない程度の小さな事件を解決しつつ、味付けにちょっと二人のロマンスがある感じです。予想以上に地に足ついた感じの展開で、安心してここまで読めた。案の定というか出版関係の薀蓄が多いけど、リアルで落ち着いた街・人間関係の描写ができていると思う。ラノベなのかどうかはわからないけど、いい年したおっちゃんおばちゃんでも読みやすい内容になってると思う。

 

気にかかることは、栞子ほどの美人が唯一心を許す、特別扱いをすることになる大輔の「本が読めない体質」というのが、腑に落ちない。あるの?w それだけがファンタジーでした。もげろ! あでも、続きは気になるから買うよ。大輔以上に懐が寒い状況なので、早めに完結して欲しいなぁ。

 

 

追記

ディスレクシアという読字障害があるらしい。ほえー。

Wikipedia-ディスレクシア

広告を非表示にする