読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せでぃのブログ

ブログ初心者おいどんのどうでもいい愚痴やどうでもいい愚痴やどうでもいいマメ知識などを披露するチラシの裏です。

インターネット国有化論と朝鮮南北境界で墜落した米軍ヘリの続報くだちい

北朝鮮との軍事境界線近くで米軍ヘリが墜落 国際ニュース : はてブ

楽天・三木谷氏の「インターネット国有化論」に波紋 +(1/2ページ) - はてブ

 

 

この辺↑の記事ね。続報がないので、考察でも推論でも続報でも欲しいです。さらっと探したけど、今んとこ詳しいのがこれ↓くらい。これだって続報というより実況に近いからなぁ。

 

【速報】米軍ヘリが南北軍事境界線付近で墜落し炎上 全員脱出

ブラックホークダウンなんて噂もあったけど、誤報らしいという。何か至る所が曖昧なまんまで続報もなし。スッキリしないんですよねぇ。

 【政策】波紋呼ぶ「ネット国有化論」 三木谷氏の主張に「タダは暴論」[13/04/16]

理由はそれぞれに、全体的に反対よりの意見が多いね、まぁ2chだからだろうけどw それでも、国有化の対象がハッキリしてなくて、イマイチ議論がうまく噛み合ってない印象も受けます。

郵便とか道路の事業とイメージを重ね合わせて反対という人、先端技術のICTインフラは競争に曝すべきだから反対という人、インターネットはP2Pであるべきなので反対という人。それぞれ一理あるなぁと。

コンテンツ事業で儲けたい三木谷社長の意図が丸見えですよという意見が総括か。記事を探してもなかなか見つからないあたり、本当に盛り上がってるのかしら……。「楽天の道構想」とか何か名前付けないのかなぁ。

 

 

 

僕の意見はこんな感じ。

 

サラっとブコメを見た限りでは、「光の道」構想ではラストワンマイル、今回はバックボーン(IXを含む)の国有化ということらしい。ラストワンマイルは地デジ化のタイミングでIRUという形で実現された。おいどん的には光の道の話が出てた時ほど、ICT自体にそれほど将来性を感じてない。なくなったら困るけどね。

 

サービスコンテンツ事業を展開する楽天には利益がある話だなーって勘繰ってる。

 

これ、面白そうな話ではあるんだけど、議論には加わりにくい話でもあります。

 

まず、IXを含むバックボーンと呼ばれるネットワークにどれくらいの維持費がかかってユーザ企業にどれくらい負担させているのかがわからない。こういうのってISP側では、バックボーンを利用するサービス全体から均等に徴収するような形にしてるはず。ISPの社内でもIX周りって詳しくは仕様公開してないはずだから、費用内訳としてもなかなか見えてこないと思うんだ。プロバイダー規制法があって、関係者だと尚更口を出しづらいのよね。

 

あとは国有化が何を指すのかがわからない。誰かは維持費用を負担しなければならない訳で今までは利用する企業やユーザが負担してたもの、これ理屈として間違ってないと思うんだけど、それをどうしたいの?って思う訳。JPIXって形で商用化したのに、また、独占させちゃうの?

 

一利用者にとってみれば、サービスを利用する(費用が減るとか)間接的な形でしか恩恵がないと思うんだ。あとは将来有望なコンテンツが出る可能性が高まるとか? しばらくは頭のいい人の議論静観かなーって。