読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せでぃのブログ

ブログ初心者おいどんのどうでもいい愚痴やどうでもいい愚痴やどうでもいいマメ知識などを披露するチラシの裏です。

ビットコインに対してあまり期待していない人

単発記事 チラシの裏 トレード

21世紀の通貨革命?〜ビットコインについてのまとめ〜
こちらのようなビットコインについて流行っている、将来有望という記事をたまによくまぁまぁ見かけるので、おいどんが思っていることを一応表明しておきたいなと思った。懐疑派っぽい感じです。


この記事を書いている現在、1ビットコイン(BTC)は100ドルくらい、1万円ちょいという相場。結構高いね。ちなみにおいどんは1BTCすら購入していない。
ちらほら記事を見た率直な感想から。ただの仮想通貨なので上記記事を真に受けて過剰な期待をするのは禁物じゃねーの? と思った次第。自分の金をBTCに変えるのは勝手だけど、今の段階で他人にパワープッシュする代物ではないかな、と。


仮想通貨ビットコイン 便利さ、記者も使って実感
毎日、対ドル対日本円の相場が変わるので、FXとかETFを見てるようだ。
実際の通貨と交換できるよと言われても、だから何だと。株だってsuicaだって日本円と交換できる。取り扱い店舗で簡単に支払いができるよと言われても、責めてAmazonなりDMMなり楽天なりで使えないと利便性を全く感じない。採掘で増やせるよと言われても、段々産出量は減る仕組みらしいし、マシンスペックも相当いるみたいだし、もんにょり。


唯一否定できないのは将来性。自然に1BTCの価値が上がるのを待つというのであれば、可能性はあるかもなとは思う。
ただ、それだけであれば投資信託とそんな変わらんし、BTCだけがずば抜けて将来性があると断定できる要素はないように思う。この辺、下手するとねずみ講みたいなチキンレースを臭わせるところもありますが。


既存の通貨が信用できないというレスをたまに見かけるけど、どうぞBTCと心中でも何でもしてくださいな。杞憂と言ってしまえばそれまでだけど、BTC信者が自国通貨の暴落の可能性を考える程度には僕らだって自国通貨の暴落の可能性は考えてる、と思う。それを言ってしまったら、暴落に関してはBTCにだって可能性はあるよね?
責めて電気代とプロバイダ料金くらいはBTCで支払えるようになってもらわないと、全通貨暴落に対するリスク回避の筆頭にBTCを選ぶ理由は乏しいように思う。
安全資産の選択肢の1つとしては捉えられるけど、優先順位をどうするかは各人の勝手って感じかな。おいどんは安全資産に含める気は毛頭ないけど。


Steve Forbes 氏曰く、Bitcoin は「お金ではない」
スラッシュドットでも意見が割れているように見えるので、技術者全員が妄信している仮想通貨という訳ではないし、経済通全員が持っているものでもないと思う(ここは完全に憶測ですが)。面白いと思った人が面白いと言っているだけかと。面白いと思うのであれば、余裕資金で手を出して遊ぶ分には全然いいんじゃないですかね。
既存通貨より格段に優れていると思わないように気をつけましょうねってお話でした。ま、リンデンドルとか円天とそんな違わないと思ってる頭が固い人もいますよってことで。