せでぃのブログ

ブログ初心者おいどんのどうでもいい愚痴やどうでもいい愚痴やどうでもいいマメ知識などを披露するチラシの裏です。

図書館を使う

私の節約術「セツヤクエスト
f:id:Sediment:20131104213349j:plain
第2回目の節約術「図書館を使う」
たまに活字禁断症状みたいなのが出る人なので、書籍代はまぁまぁ使ってたように思う。
文庫本で1冊500円~800円くらい。アレステア・レナルズに至ってはもうね……

量子真空 (ハヤカワ文庫SF)

量子真空 (ハヤカワ文庫SF)

衝動買いみたいなのも多く、ハズレも多かった。今思うともったいなかったかなって。ほら、一度読んだらしまっておくだけだし。

利点

まだ文庫化されていない小説、絶版の小説を探すなら最適。文庫本だってかなり多いよ。
古本屋を足を使って回る? 管理が行き届いてる図書館の方が圧倒的に楽。

一昔前の図書館と違って蔵書DBは検索の精度も上がってます。インターネット公開されてるので、利用者登録もなしに自宅で検索できるようになってます。

図書館利用に当たっての注意点

  • 休館日を侮らない

月曜日が休館日のところが多いと思うけど、書架のたな卸し等と称して、1週間まとめて閉まることがよくある。行く前に必ずHPで休館日をチェック。

  • 貸出中でイライラしないために

探している図書がある場合、貸出中だったり、他の系列図書館にしかない場合もあるので、行く前に検索する。
休館日の件も合わせて、近くに来たからついでに寄ってみるという使い方が一番良くない。

  • 買った方がいいジャンルもある

雑誌、参考書、実用書、資格系の類は特に更新が遅いので、買った方がいいと思う。漫画はまず四六時中貸出中です。漫画喫茶行きませふ。
技術系の参考書代が特に高いので浮かせたいけど、これが世知辛いんだねw

  • 借りられる期間は長くない

大体2週間後にはまた図書館に行って返さなければなりません。ご利用は計画的に。

  • 匂ひフェチは多分無理

ほぼ無臭だと思うので、興奮したい人は駅前のジュンク堂へGO。

広告を非表示にする