読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せでぃのブログ

ブログ初心者おいどんのどうでもいい愚痴やどうでもいい愚痴やどうでもいいマメ知識などを披露するチラシの裏です。

雲ひとつない青空を想起せよ

 読書を語れるほど読書はしてない人です。どうも。はてブ界隈で読書論争っぽいものが起こってたので、便乗して。
 おいどんが読書感想文をひたすら上げる理由はこの本です。桜庭一樹のブルースカイ。

ブルースカイ (ハヤカワ文庫 JA)

ブルースカイ (ハヤカワ文庫 JA)


 女子高生がタイムリープするというそれはもう言い古された内容でして、自分が物書きではないのを棚に上げて言ってしまうと決して日本語とか構成がうまい部類ではないと思ったのです。たしか3章構成で、それぞれ雰囲気がバラバラなのよ。魔女裁判の嵐が吹き荒れるヨーロッパ、近未来のシンガポール、現代の鹿児島という場面を辿っていくんですが、魔女裁判の暗さとシンガポールの未来ぶりと、鹿児島の現代ぶりがもう全然一貫性がない。一人称の視点も別人なので、全く別な話を無理やり繋げただけなんじゃないかってくらいチグハグなの。重要そうな登場人物も複数いるんだけど、明確なフォローなし。そして結末も、は? みたいな唐突で訳のわからない終わり方。


 で。そのときは、暇つぶし以上の何ものにもならなかったので、出張先の宿の近くにあった小さい本屋でたまたまジャケ買いしたその本を、出張先の宿に寄贈してきてしまいました。


 ところが、これがなかなか曲者でして、なーんかことあるごとにブルースカイの気取った装丁と情景を思い浮かべてしまうのです。魔女裁判のgkbrぶりとか、オーパーツと化した女子高生の珍重ぶりとか、例の爆発とか。1シーン1シーンが印象深く、章ごとに見ると読み応えがありつつ、全体を俯瞰するとチグハグな顛末がミスマッチなんだけど、これが何故か印象深いんだよね。テーマがラノベっぽいんだけど、そうとも言い切れない重たい雰囲気というか何と言うか。今思えば、不思議な文を書く人だなーと。変な魅力がある。
 そこで気になって記憶を頼りに4,5回検索してみたんだけど、ダメね。本の装丁が青かったことしか思い出せないんだよwwww 装丁に文字があったかすら怪しくなってくる。「ブルースカイ」いや「青い空」だったかなーと、その辺検索してもダメ。どっちにしても、キーワードがありふれててダメなんだよ。肝心の著者名が出てこないから、ほら。


 記憶が薄れる前に、手帳をなくす前に、Google検索の下位に埋もれる前に、公開できるメモやリンクは自分のブログとして、後の自分が思い出せるようなキーワードを添えて置いておくと便利ですよ。読むかって言われると、自分が書いた文章だと、結構見返すんだよ、これがまたww オススメ。




 全然関係ないけど、記事タイトルははっぴぃえんどの「敵タナトスを想起せよ」って曲からパクったんだけど、これ、メメント・モリの言い換えなんだな。響きだけ気にしてて、今まで全く意味に気付いてなかったわ。

 メモついでにByrdsの242foxtrotのリンクもあげとく。ジェットソング。爆音で聞くと気持ちいいけど、場所を選ぶっていう。
http://www.youtube.com/watch?v=L_UWfthPEjQ