読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せでぃのブログ

ブログ初心者おいどんのどうでもいい愚痴やどうでもいい愚痴やどうでもいいマメ知識などを披露するチラシの裏です。

SwiftでAutoSizeカスタマイズテーブルビューをテスト中

f:id:Sediment:20150502023736p:plain
github.com
 以前、Objective-Cで作ったものを参考に、ちょろっとコピペすれば何とかなるだろうと思ったが、かなり甘かった。いやいや、またハマったハマった。
 結果、この辺↓のTableViewの基本から作り直してみることに。一応は動くようになったが、まだ、UITableViewAutomaticDimensionというiOS8から対応のクラスに依存している。
 というかだな、「.contentView.systemLayoutSizeFittingSize(UILayoutFittingCompressedSize)」のサイズ計算がデタラメになったね。SwiftだけでなくObjective-Cでも変な動作になっている。
[iOS 8/Xcode 6] SwiftではじめるiOS開発 #1 [Table View] | Developers.IO
Swift - Storyboard + Auto Layout でカスタムセルの Table View を作ったときのメモ - Qiita


 Dictionary型の挙動が予想と違った。結果、構造体を使うと楽ということになった。プロパティ(インスタンス変数)特有の変な初期化縛りを意識しなくていいので、かなりやりやすい。
 やりたかったことはこれ↓。Dictionaryに項番をつけたいが、Dictionary型を配列の一要素として入れるのはうまくいかず、NSMutableArrayも今更使いたくなかった。構造体いいよ、構造体。超便利。
f:id:Sediment:20150502022703p:plain
 構造体はこの辺の記事が良かった。
構造体 - swiftによるiOSアプリ開発入門

 今回は、こんな感じで使った。以前はNSDictionaryとNSMutableArrayを使って書いてた。構造体いいよ、構造体。超便利。

struct strctText {
    var bunsyou: String
    var hiduke: NSDate?
}

class RootViewController: UITableViewController {
    
    // インスタンス変数
    let textPoolArr: Array<String> = ["祇辻飴葛蛸鯖鰯噌庖箸", 〜中略〜 ,"Nam in vehicula mi."]
    var outputArr:[strctText]=[]

//〜viewDidLoadとか中略〜

// addボタンの動作
    func insertNewObject(sender : AnyObject) {
        // データ作成
        var dataIndex: Int = Int(arc4random() % UInt32(textPoolArr.count))
        let str: String = textPoolArr[dataIndex]
        let date = NSDate()
        // 構造体利用
        var tempstrct = (strctText(bunsyou: str, hiduke: date))
        // データ挿入(配列に構造体を格納)
        outputArr.insert(tempstrct, atIndex: 0)
    }
}
 // セルの行数
    override func tableView(tableView: UITableView, numberOfRowsInSection section: Int) -> Int {
        return outputArr.count
    }
    
    // セル描画
    override func tableView(tableView: UITableView, cellForRowAtIndexPath indexPath: NSIndexPath) -> UITableViewCell {
        // プロトタイプセルの特定
        let cell = tableView.dequeueReusableCellWithIdentifier("Cell", forIndexPath: indexPath) as! CustomTableViewCell
        
        // メインラベルに文字列を設定(配列と構造体から変数取り出し)
        cell.bodyLabel.text = outputArr[indexPath.row].bunsyou
        
        // サブラベルに文字列を設定(配列と構造体から変数取り出し)
        let date: NSDate = outputArr[indexPath.row].hiduke!
        let dateFormatter = NSDateFormatter()
        dateFormatter.dateFormat = "yyyy年MM月dd日 HH時mm分ss秒"
        cell.dateLabel.text = dateFormatter.stringFromDate(date)
        
        return cell
    }
    // editモード時のボタンと動作
    override func tableView(tableView: UITableView, commitEditingStyle editingStyle: UITableViewCellEditingStyle, forRowAtIndexPath indexPath: NSIndexPath) {
        if (editingStyle == UITableViewCellEditingStyle.Delete) {
            // 配列の要素(構造体)削除
            outputArr.removeAtIndex(indexPath.row)
            tableView.deleteRowsAtIndexPaths([indexPath], withRowAnimation: .Fade)
        }
    }

 TableViewControllerを使っているので、override多め、tableView・delegate・dataSource紐付けなしなのであります。