読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せでぃのブログ

ブログ初心者おいどんのどうでもいい愚痴やどうでもいい愚痴やどうでもいいマメ知識などを披露するチラシの裏です。

なんとなく印象に残った割にうまく思い出せなかった記事

記事リンクまとめ チラシの裏

アメリカのお役所しごと

ktdisk.hatenablog.com
 アメリカの公務員のお役所しごとは日本よりひどいという記事。
 これについての感想は2つ。1つは日本の人口減少社会の未来についての示唆が含まれていそうという点、もう1つはブログ主さんの意図しないところだろうが、資本主義の残酷さが見え隠れしている点。
f:id:Sediment:20150603004025j:plain
わが町も2、3駅いくと無人駅なんだよね。性善説の切符入れ。

 人口減少社会の未来については、散々考察されているだろうけど、真っ先に突き当たるのが公共サービスの劣化だろう。公務員削減による弊害の入り口として、このアメリカの役所のようなつっけんどんな対応が予想できる。更に進むと、病院も役所も小学校もプールも買い物もゴミ収集も、全て中核都市に行かないとサービスが受けられないということにもなりかねない。粗大ゴミの回収なんか、既に自分で金払って持って行かないといけない状態にはなってるね。そういう未来が来るのかなーと。民間とはいえ、携帯の基地局とか光固定回線とか連絡手段は維持できんのかね。三毛別羆事件は警察・軍に連絡するまでに相当時間がかかっている。
 資本主義の残酷さについては、「Assaut on Wall Street」という映画で非常によく表現されていると思う。この映画の中では公務員も社会的弱者に分類されるんだけど。基本的人権を守るための"大変な自助努力"が前提という未来は、学者やエンジニアが得意気にプレゼンする明るい未来なんだろうか?totb.hatenablog.com

気を使って喋ってくれ

anond.hatelabo.jp
 ブコメ・トラバ共に意見が真っ二つに割れた記事。言葉足らずだけど、目のつけ所がいい。仕事で喋らない人間を空気が読めない奴とする派・別に喋らなくてもいい派。
 対人で疲れると、敢えて空気を読まずに消耗を避けたい、なんて人もいるかもしれない。うちの近所のコンビニの無気力オーナーはたぶんこのお疲れさんタイプ。店員の中で一番接客が悪くてボソボソ喋って本当好き。
 どっちの気持ちもわかるし、(喋れ・喋るな)どっちとも思われたことあるんだろうなぁ。

 おいどんの場合、敵味方をハッキリ分けて味方には全く気を使わないので、人前では喋らない方だ。口は災いの元って言うし。味方とか嫁さんとかに刺される張飛タイプと言えるかもしれん。


 酒飲んで朝日を見た時の「疲れたし、なんかもうどうでもいいや感」を大事にしていきたい。