読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せでぃのブログ

ブログ初心者おいどんのどうでもいい愚痴やどうでもいい愚痴やどうでもいいマメ知識などを披露するチラシの裏です。

これが大河ドラマか結構脚色してて意外だった

 今まで、あまり真面目に大河ドラマを見たことがなかったので、大河ドラマ時代考証は相当すごいものという思い込みがあった。しかし、今回、真田丸を見てて、脚色が結構あるなぁと思った。そりゃあ、動向が不明な時期とかはあるにしても、今回の茶々様と惚れた腫れたの一件とか加藤清正の話とかは「主人公が贔屓されてたら面白いよね」というかなり都合のいい解釈になってるなーと。


 例えば、関係者の生年月日を表にすると、真田幸村が豊臣家の人質に大阪城に入ってから、加藤清正が九州征伐のために大阪城を離れるまで、多目に見積もっても半年程度なのだ。
 広い大阪城で、加藤清正と会って会話する機会がどれだけあるのだろう? 大名が小姓風情を意識するだろうか?
f:id:Sediment:20160518015102p:plain


 あとはまぁ、加藤清正真田幸村も経験した戦の場数とか質という点で、織田信長登場あたりの大名や武将とは比べものにならない。黒田官兵衛山県昌景と比べてしまうと、石田三成も幸村もなーんか見劣りしちゃってなぁ。そうは言っても伊達政宗あたりが蹴散らされるから、若い割には相当優秀ではあったんだろうが。