せでぃのブログ

ブログ初心者おいどんのどうでもいい愚痴やどうでもいい愚痴やどうでもいいマメ知識などを披露するチラシの裏です。

Crazy for Clingon

 面白いと思ったバンドはみんな解散してしまったよ。クリンゴン*1の古臭いような切ないような音、好きだったんだけどなぁ。
 アルバム・キューあたり全盛期を迎えて、次のアルバム・スターを出してすぐに解散してしまったよ。あー無念だなーって、スカパラの銀河と迷路を聞いてて思い出したんだ。
クリンゴン - 百恋 - YouTube
紅茶が少し苦いなんて/Clingon - YouTube
秋桜 - YouTube



 クリンゴンについては、無念というほかない。無念だ。


 クリンゴンを思い出すと、毎度、ベンフォールズファイブのSelfless, Cold and ComposedとFairを連想するあたり、ジャズピアノ繋がりってことなのかなぁ。いやうーん、クリンゴンってロックなの? ジャズなの?
Ben Folds Five Selfless, Cold and Composed - YouTube
Ben Folds Five - Fair (live) - YouTube


 次に悲しみつながりで、カナリオス。クラシックである。カナリア(諸島)風という意味らしいので、全然悲しい曲ではないのだけど、おいどんにとっては悲しい曲なのだ。FCのディスクシステムにメルヘンヴェールというゲームがあってね。それで使われてたんだよ。
カナリオス - YouTube


 んで、ギター繋がりでチャラのCrazy for youとなる。自分でも何考えてるのかわからん。どういう感性なんだろう……。
Crazy for you / Chara - YouTube

*1:クリンゴン星人とはスペルが違ってClingonと書く

広告を非表示にする